世界の女性に愛されるフルラ

FURLA フルラ ハンドバッグミディアム

FURLAは、1970年年代に直営店とフランチャイズを通じてイタリア国内に販売網を拡大し、1980年代には海外展開を開始。現在では、世界約73ヵ国に約255の旗艦店、その他セレクトショップやデパートなど約1000店舗を持つイタリアでも有数の企業です。
FURLAはこれまでにローマのヴィア・コンドッティ、ニューヨークのマディソンアベニュー/57番街、ミラノのコルソ・ヴィットリオ・エマヌエーレ、日本国内では東京の青山(本店)や銀座など、ブランドの国際的ショーケースの役割を果たすショップを、常にイメージリーダー的なロケーションにオープンさせています。
また、青山本店にFURLA YOGA、銀座店にFURLA Cafe by Espresso 0039などを開設させ、FURLAはファッションの枠を超えた女性のライフスタイルを提案するブランドとして、常に進化し続けています。

伝統の技術と新しいスタイル

イタリアの熟練した職人が、伝統の技と最高の素材を駆使して作るFURLAのコレクションは、80年の歴史の中で常に進化してきました。デザイン性と機能性を兼ね備えた商品は、強さとフェミニンさを併せ持ち、自分らしさを表現できる多くの女性に、時代を超えて受け入れられています。
常に画期的なスタイルを生み出すために、FURLAは研究や技術への投資にも力を注いでいます。その結果、ラバーをホットプレートプレス加工した素材の「GUMMY」や、空港のセキュリティチェックに手間を取らない「BOARDING BAG」など、斬新でユニークなバッグの数々を誕生させています。

フルラの素材

フルラは、レザー加工を得意とし、シーズン毎に数多くの新しい素材や加工方法を提案しています。素材のバリエーションは1シーズンで約20種類を超え、マテリアルも常に新しいものを採用しています。
フルラの得意とするカラフルなレザーは、品質の高い皮革を独自に製造することで生まれます。最終的な発色を考え、素材の良さを引き出す方法でなめしや染色が行われ、素材の特徴を最大限に活かすようデザインされた商品に使用されます。
皮革商品は、素材の革自体に重量感があるため、重く感じられがちですが、良質の皮革素材を使用することで、従来のレザーバッグにはない軽さを実現させています。

季節のトレンドカラー

ベーシックカラーであるブラックやブラウンはもちろん、季節のトレンドカラーを必ず取り入れています。それぞれのカラーには、フルーツ・スパイス・植物や鳥などといった、自然界に存在するイマジネーション豊かな名前が付けられています。
ベーシックカラーでさえ、その時々のトレンドで微妙に変化がつけられ、色のニュアンスを楽しむことができます。

コーディネート

バリエーション豊かな財布・ポーチ・ベルト・時計・サングラスなどといった小物類や、新しいカテゴリーのシューズなおでは、バッグと同じ素材やカラーでのコーディネートが考えられており、トータルなコーディネートを楽しんでいただけます。
ビジネスやプライベート、フォーマルやカジュアルなど、どのような場面にも対応できるアイテムが揃っています。

スポンサードリンク

幅広いファッション雑貨も展開

フルラ(furla)は、1927年にイタリアのボローニャで創業されたブランドで、活動的な女性向けに「購入しやすい価格で、高品質な女性らしいバッグ」を提供したい、とスタートしています。
バッグ(かばん)・革小物を中心に、コスチューム・ジュエリー、時計、ベルトなど周辺小物やユニセックスタイプのブリーフケースなど幅広いファッション雑貨の展開を確立し、自分のライフスタイルをしっかり持った女性達の人気を集めているブランドです。